和魂洋才(読み)わこんようさい

四字熟語を知る辞典「和魂洋才」の解説

和魂洋才

日本人固有の精神をもって西洋伝来の学問・知識を取捨・活用するという行き方。

[使用例] 日本の国家社会で有用の材となるには、和魂洋才でなくては行けません[森鷗外*なのりそ|1911]

[使用例] 連綿としてつづいている和魂洋才という意識は[唐木順三*近代日本の思想文化|1953]

[解説] 「和魂漢才」からの類推で作られた語。明治以後、日本の洋学摂取の際に用いられました。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「和魂洋才」の解説

わこん‐ようさい〔‐ヤウサイ〕【和魂洋才】

《「和魂漢才」の類推から明治になってできた語》日本人が伝統的な精神を忘れずに西洋の文化を学び、巧みに両者を調和させること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「和魂洋才」の解説

わこん‐ようさい ‥ヤウサイ【和魂洋才】

〘名〙 (「和魂漢才」の類推から作られた語) 日本人固有の精神をもって西洋伝来の学問・知識を取捨・活用するという行き方。明治以後、日本の洋学摂取の際に用いられた。
※なのりそ(1911)〈森鴎外〉「日本の国家社会で有用の材となるには、和魂洋才(ワコンヤウサイ)でなくては行けません」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android