コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

品川心中

2件 の用語解説(品川心中の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

品川心中

古典落語の演目のひとつ。全体を二分し、後半を「仕返し」とも題する。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

品川心中
しながわしんじゅう

落語。三遊派に古くから伝わる廓咄(くるわばなし)。もとは長い噺(はなし)で、上下に分けて口演したが、いまでは下の「仕返し」はめったに出ない。上を4代橘家円蔵(たちばなやえんぞう)がほぼ完成の域にまで仕上げたため、不自然な下は口演しにくくなったのである。品川の遊女おそめは、年をとって金が入らなくなったので、だれか相手をみつけて心中し、浮名を流そうとする。すこし足りない貸本屋の金蔵が相手に選ばれ、2人で品川の海へ行く。おそめが男を突き落として自分も死のうとしたとき、金を持った客がきたと聞いて思いとどまり、帰ってしまう。金蔵は海が遠浅のため助かり、親分と相談して仕返しに行く。計略にかかったおそめが髪を切ったところへ、死んだはずの金蔵が顔を出す。「お前があんまり客を釣るから魚籠(比丘)(びく)にされたんだ」。現在では、助かった金蔵が賭博(とばく)開催中の親分のところへ行くと、手入れと間違えて家の中が大混乱するところで切ることが多い。[関山和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

品川心中の関連情報