コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

品川心中

デジタル大辞泉プラスの解説

品川心中

古典落語の演目のひとつ。全体を二分し、後半を「仕返し」とも題する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

品川心中
しながわしんじゅう

落語。三遊派に古くから伝わる廓咄(くるわばなし)。もとは長い噺(はなし)で、上下に分けて口演したが、いまでは下の「仕返し」はめったに出ない。上を4代橘家円蔵(たちばなやえんぞう)がほぼ完成の域にまで仕上げたため、不自然な下は口演しにくくなったのである。品川の遊女おそめは、年をとって金が入らなくなったので、だれか相手をみつけて心中し、浮名を流そうとする。すこし足りない貸本屋の金蔵が相手に選ばれ、2人で品川の海へ行く。おそめが男を突き落として自分も死のうとしたとき、金を持った客がきたと聞いて思いとどまり、帰ってしまう。金蔵は海が遠浅のため助かり、親分と相談して仕返しに行く。計略にかかったおそめが髪を切ったところへ、死んだはずの金蔵が顔を出す。「お前があんまり客を釣るから魚籠(比丘)(びく)にされたんだ」。現在では、助かった金蔵が賭博(とばく)開催中の親分のところへ行くと、手入れと間違えて家の中が大混乱するところで切ることが多い。[関山和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

品川心中の関連キーワード古今亭 志ん生(5代目)三遊亭 円歌(初代)大原 麗子落語の演題三遊亭円生幕末太陽傳深谷みさお古典落語江戸落語上方落語金蔵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

品川心中の関連情報