哲学の人間学的原理(読み)てつがくのにんげんがくてきげんり(英語表記)Антропологический принципв философииAntropologicheskiy printsipv filosofii

  • Антропологический принципв философии Antropologicheskiy printsipv filosofii

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

19世紀ロシアの革命的民主主義者チェルヌィシェフスキーの著作。ラブロフの『実践的哲学要綱』を批判するために、農奴解放前夜の1860年に発表された。理論の党派性を強調する彼の自由主義者攻撃の武器、自然科学的唯物論で防備されたこの論文は、検閲への配慮もあって整然とした展開に欠ける。彼は、ここで人間の有機体としての統一性を標榜(ひょうぼう)し、物質と精神は有機体における同一の本性の異なった現象であると規定、18世紀のフランス唯物論者と同様、心理的現象は有機体としての活動の所産であると考える。また人間を環境の産物と規定して唯物論的決定論を打ち出すが、同時に精神の独立性をも認識し、主体性の宣言としての利己主義を倫理学の基礎に据える。その利己主義とは利他主義とともにあり、全体の利益と一致するとした。これらは当時とくに新しい説ではなかったが、実践的要求に裏打ちされたこの原理によって、彼はロシアの同時代人を奮起させようとしたのである。[大竹由利子]
『松田道雄訳『哲学の人間学的原理』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android