コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

党派性 とうはせいpartiality

翻訳|partiality

3件 の用語解説(党派性の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

党派性
とうはせい
partiality

思想あるいは組織体において,ある一定の政治的価値への傾斜度が大きいことをいう。党派性の観念を意識的に使用したのはマルクスや,レーニン,また,マルキシズムに影響された K.マンハイムなどである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とうは‐せい〔タウハ‐〕【党派性】

主義・主張などが特定の党派にかたよっていること。
マルクス主義の用語。理論が階級性をもつこと。階級社会においては、理論は階級の利害を反映しており、無党派性は支配者階級の主張で、党派の偽装にすぎないとされる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうはせい【党派性】

マルクス主義の用語。階級社会において、不偏不党の理論はあり得ず、人間の理論活動も階級的利害の制約を受けること。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

党派性の関連情報