コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐文粋 とうもんずいTang-wen-cui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐文粋
とうもんずい
Tang-wen-cui

中国,代詩文の選集北宋の姚鉉(ようげん)の編。100巻。『文選』にほぼならった分類で,駢文近体詩を除いた唐代の詩文の精華を集めたもの。古雅を重んじ,韓愈柳宗元古文を特に重んじており,代の古文運動の先駆的な動きといえる。に『唐文粋補遺』(26巻)の編がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうもんずい【唐文粋 Táng wén cuì】

中国,北宋の姚鉉(ようげん)が,唐末以来の作風を否定し,復古による革新を意図して唐代の作品を選録した詩文集。100巻。1011年(大中祥符4)に成る。選択方針として,詩では唐代に確立した五言七言律詩,文では形式・修辞を重んじる〈駢文(べんぶん)〉は収めないことに,編者の古風の尊重がうかがえる。作品の形式により区分され,さらに一形式の中では主題別に分類される。平安時代の《本朝文粋(ほんちようもんずい)》は,この書に擬したものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

唐文粋の関連キーワード南岳懐譲元文類全唐文

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android