啐啄(読み)ソッタク

デジタル大辞泉の解説

そっ‐たく【××啄】

《「啐」はひなが卵の殻を破って出ようとして鳴く声、「啄」は母鳥が殻をつつき割る音》
禅宗で、導く師家(しけ)と修行者との呼吸がぴたりと合うこと。
またとない好機。
「利家も内々かく思ひ寄りし事なれば、―に同じ」〈太閤記・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そったく【啐啄】

〔「そつ」は「啐さい」の慣用音。雛ひながかえろうとするとき、雛が内からつつくのを「啐」、母鳥が外からつつくのを「啄」という〕
禅において、師家と修行者との呼吸がぴったり合うこと。機が熟して弟子が悟りを開こうとしているときにいう。
得難いよい時機。 「利家も内々かく思ひ寄りし事なれば-に同じ/太閤記」
[句項目] 啐啄同時

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そっ‐たく【啐啄】

〘名〙 (「そつ」は「啐」の慣用音。「啐」は鶏卵が孵化(ふか)しようとするとき雛が殻を内からつつくこと、「啄」は母鶏がそれに応じて外から殻をつつくことの意)
① 禅宗で、機を得て学人と師家との両者の心が投合することにたとえる。しゅったく。
※正法眼蔵(1231‐53)面授「一祖、一師、一弟子としても、あひ面授せざるは、仏々祖々にあらず。〈略〉また啐啄の迅機なるなり」 〔文明本節用集(室町中)〕 〔碧巖録‐二・一六則〕
② 逸してはならない好機。それぞれがぐあいよく合致して、それをのがすと他には得られなくなるような機会や時。しゅったく。
※伊達家文書‐(天正一〇年カ)(1582か)三月一四日・小田野義忠書状「啐啄之御届、本望被存候」
※信長記(1622)一四「誠に上下啐啄(ソッタク)の時こそ、いと宜しく見えたりける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android