啐啄(読み)ソッタク

デジタル大辞泉の解説

そっ‐たく【××啄】

《「啐」はひなが卵の殻を破って出ようとして鳴く声、「啄」は母鳥が殻をつつき割る音》
禅宗で、導く師家(しけ)と修行者との呼吸がぴたりと合うこと。
またとない好機。
「利家も内々かく思ひ寄りし事なれば、―に同じ」〈太閤記・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そったく【啐啄】

〔「そつ」は「啐さい」の慣用音。雛ひながかえろうとするとき、雛が内からつつくのを「啐」、母鳥が外からつつくのを「啄」という〕
禅において、師家と修行者との呼吸がぴったり合うこと。機が熟して弟子が悟りを開こうとしているときにいう。
得難いよい時機。 「利家も内々かく思ひ寄りし事なれば-に同じ/太閤記」
[句項目] 啐啄同時

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

啐啄の関連情報