善趣(読み)ゼンシュ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐しゅ【善趣】

〘名〙 仏語。この世で善い行ないをした人が死後におもむく世界。天・人・阿修羅の三つを三善趣という。地獄・餓鬼・畜生などの悪趣に対していう語。善道。
※往生要集(984‐985)大文五「命終之後、往生善趣、楽世界中
※梵舜本沙石集(1283)二「病苦をたすけ、厄難を除き、悪趣をまぬかれ、善趣に生まるる方便是也」 〔無量寿経‐上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる