コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喚鐘 カンショウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐しょう〔クワン‐〕【喚鐘】

勤行(ごんぎょう)や法会(ほうえ)などの開始を報じる小形の梵鐘(ぼんしょう)。半鐘。
茶の湯で、用意が整って客に入室を合図するために鳴らす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんしょう【喚鐘】

半鐘(はんしよう),小鐘(しようしよう),報鐘(ばうちよん),犍稚(けんち)ともいい,仏教で用いる鳴物(楽器)の一種。青銅鋳造製で梵鐘の小型のもの。寺院の堂内や軒下につり,片手に木槌をもって鐘身の中ほどにある撞座(つきざ)をつき音を出す。喚鐘の〈喚〉が示すように,僧侶らを集合させたり,儀式の開始などの合図のために打ち鳴らす場合が多い。なお喚鐘にはより小型の鐘を木製の架にかけ,床に据え置いて用いるものもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんしょう【喚鐘】

法会で、人々を呼び集めるための小さな鐘。のちには茶の湯や、火事の報知にも使われた。小鐘。よびがね。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

喚鐘の関連キーワード呼び鐘・呼鐘鐘(楽器)集会鐘半鐘報知勤行仏具雲版呼鐘火事法会

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android