コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉手苅林昌 かでかる りんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嘉手苅林昌 かでかる-りんしょう

1920-1999 昭和-平成時代の民謡歌手。
大正9年7月4日生まれ。琉球民謡にしたしみ,9歳のときから蛇皮線で母の歌の地方(じかた)をつとめる。戦後,昭和23年ごろまで神奈川県や大阪の沖縄芸能集団で活動。帰郷後,米軍のラジオ局の民謡番組で人気を得,各地で独演。37年琉球民謡協会の設立に参加。平成11年10月9日死去。79歳。沖縄県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

嘉手苅林昌の関連キーワード嘉手苅 林昌喜納 昌永ナビィの恋

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嘉手苅林昌の関連情報