コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉納 カノウ

3件 の用語解説(嘉納の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

か‐のう〔‐ナフ〕【×嘉納】

[名](スル)
献上品などを目上の者が快く受け入れること。「御嘉納にあずかる」
進言などを高位の者が喜んで聞き入れること。
「彼女の思想なり行為なりは…全能者の―し寛恕すべき種類のものだ」〈有島・宣言〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かのう【嘉納】

( 名 ) スル
目上の者が喜んで贈り物・進言などを受け入れること。 「御-になる」 「御-ある」 「議長の意見を-し了せり/火の柱 尚江

かのう【嘉納】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嘉納の関連情報