コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘱託殺人 ショクタクサツジン

4件 の用語解説(嘱託殺人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょくたく‐さつじん【嘱託殺人】

本人から依頼されて殺すこと。自殺関与罪となる。→承諾殺人

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

嘱託殺人

被害者の依頼や同意により、殺害する行為をいう。人をそそのかしたり助けたりして自殺させる「自殺教唆・幇助(ほうじょ)」とは、直接手を下したかどうかという違いはあるものの、どちらも刑法の同じ条文に盛り込まれている。法定刑も同じ懲役・禁固7年以下、6カ月以上となっている。

(2007-10-11 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょくたくさつじん【嘱託殺人】

本人から自分を殺してくれと頼まれて殺すこと。 「 -罪」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嘱託殺人
しょくたくさつじん

人の嘱託(依頼)を受けて、これを殺害する罪であり、6月以上7年以下の懲役または禁錮に処せられる(刑法202条後段)。自殺関与罪の一種である。これに対し、被殺者の意思に反して殺害する行為は刑法第199条の殺人罪である。そこで、これらの罪の区別にとって、「嘱託」の有無が重要になる。嘱託があるとするためには、被殺者が死の意味を理解したうえで、自らの自由意思により、明示的になされる必要がある。このような嘱託の要件を満たさなければ殺人罪にあたる。
 また、本罪に関連して、安楽死が問題となる。死期が迫り、死苦に直面している傷病者から、殺してほしいと真剣に頼まれた場合には、本罪にいう「嘱託」があるものと解しうるから、これに応じて傷病者の死期を早める行為は、嘱託殺人罪の構成要件には該当する。ただし、これが安楽死の要件を満たす限り、その違法性が阻却され、無罪となりうる。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嘱託殺人の関連キーワード被害者補償被害者学害する債務保証代理行為ハラーム同意堕胎及び同致死傷罪犯罪被害者給付制度不同意堕胎罪不同意堕胎致死傷罪

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嘱託殺人の関連情報