コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四十九院 シジュウクイン

2件 の用語解説(四十九院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しじゅうく‐いん〔シジフクヰン〕【四十九院】

弥勒菩薩(みろくぼさつ)のいる兜率天(とそつてん)の内院にある49の宮殿。
行基畿内に建てたという49の寺院。
平安時代、一つの寺院の境内に設けた49堂宇。
鎌倉時代以後、墳墓の前面に6基、左右に各14基、後面に15基の塔婆を建てたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しじゅうくいん【四十九院】

弥勒菩薩の居所兜率天とそつてんの内院にある摩尼宝殿と、その四方にある四八の宮殿。
一つの寺院の境内に兜率天を模して建てられた四九の堂。平安時代以後の様式。
前面に六基、後面に一五基、左右に各一四基の塔婆を建てた墓。鎌倉時代以後の様式。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の四十九院の言及

【行基】より

…行基が741年(天平13)までに河内,和泉,摂津,山背(城)国などに造った池15,溝7,堀4,樋3,道1,港2,布施屋(ふせや)(調庸運脚夫や役民(えきみん)を宿泊させ食料を与える)9などの農業・交通関係施設の位置と規模が〈天平十三年記〉(《行基年譜》所引)に記される。 《行基年譜》(1175,泉高父宿禰著)には彼が745年ころまでに畿内に開いたいわゆる四十九院の寺の位置と建立年代が記され,これも庶民の信者の寄進や協力で造られた。四十九院は社会事業施設と結合しており,たとえば狭山池院(大阪府南河内郡狭山町)には狭山池,昆陽(こや)施院(昆陽寺。…

※「四十九院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

四十九院の関連キーワード慈氏阿逸多慈尊内院摩尼宝殿弥勒会弥勒の世弥勒仏弥勒菩薩弥勒慈尊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone