コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四川暴動 しせんぼうどう

大辞林 第三版の解説

しせんぼうどう【四川暴動】

1911年、中国清国政府が立てた幹線鉄道国有計画に反対して、四川で起こった暴動。これが動機になって、同年10月武昌で革命軍が蜂起し、辛亥革命となった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四川暴動
しせんぼうどう

中国で辛亥(しんがい)革命の端緒となった民衆による反体制運動。日清(にっしん)戦争後、列強は中国に対する既得権獲得に狂奔した。こうしたなかで、1911年5月、清朝政府は鉄道国有化令を出し、郵政大臣盛宣懐(せいせんかい)の名でイギリス、アメリカ、ドイツ、フランス4か国の借款団から600万ポンドを借り、民営の湖広(ここう)鉄道を国有化の美名のもとで外国に売り渡そうとした。政府のこの買弁政策に対し、四川、湖北、広東(カントン)各省を中心に、反清・反帝国主義を内容とする、鉄道を守る「保路(ほろ)」運動が起こり、初め陳情、請願の形をとったが、四川省の陳情団40余名が官憲の手によって射殺されると、9月には数百万の大衆が参加する一大武装闘争に発展した。清朝政府は大臣端方(たんぽう)に湖北軍を率いて鎮圧させた。しかし鎮圧がほぼ成功したかにみえたころ、手薄となった湖北省の武昌(ぶしょう)で革命ののろしがあがり、10月10日に新軍、同盟軍が蜂起(ほうき)し、辛亥革命が始まった。[山下龍三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

四川暴動の関連キーワード桂太郎内閣岩石区スバル辛亥(しんがい)革命武昌起義ベンガジ本多光太郎アストン桂文治(6代)ケルナー