コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四部分類 しぶぶんるいSì bù fēn lèi

世界大百科事典 第2版の解説

しぶぶんるい【四部分類 Sì bù fēn lèi】

中国の書物の分類法。経,史,子,集の4部に分ける。経部は,四書五経など儒家の経典とその注釈書および字書,韻書など語学書,史部は,歴史関係書で地理も含める。子部は,儒家も含めて法家,道家などの諸子および農学,医学,芸術などの技術書,集部は,詩文集から戯曲,小説に至るまで文学書を収める。前漢末,劉向(りゆうきよう)・劉歆(りゆうきん)父子がはじめて宮廷の蔵書を整理したときは,六芸(経部相当),諸子(子部),詩賦(集部),兵書術数,方技の6類であったが,晋代,歴史書の増大により,史部が六芸から独立し,技術関係の停滞にともない,兵書,術数,方技が子部に合併され,四部となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四部分類の関連キーワード経史子集芸文志兵家経書

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android