コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四酸化オスミウム

2件 の用語解説(四酸化オスミウムの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

四酸化オスミウム

 O4Os.酸化オスミウム (VIII) ともいう.有機合成において酸化剤として利用されるほか,顕微鏡検査のための生体材料の固定に使われる.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しさんかオスミウム【四酸化オスミウム osmium tetroxide】

化学式OsO4。酸化オスミウム(VIII)ともいう。オスミウムの粉末を酸素気流中で赤熱するか,オスミウム化合物を酸化すると得られる。無色ないし淡黄色針状晶。融点40.6~40.7℃,沸点131.2℃,比重4.906(22℃)。常温で揮発性,気体は単分子から成る。特異な強い臭気をもつ。水素と混合して赤熱した管中を通すと容易にオスミウムに還元される。水,アルコールエーテル四塩化炭素ベンゼンなどに溶ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

四酸化オスミウムの関連キーワードSAFOXオスミウムルテニウムドラゴンクエストチーグラー触媒ヤペタス希ガス血液凝固因子コバルト

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone