回し者(読み)マワシモノ

デジタル大辞泉 「回し者」の意味・読み・例文・類語

まわし‐もの〔まはし‐〕【回し者】

陣中などに忍び込んで、ひそかに内情を探る者。間者かんじゃスパイ。「敵の回し者
俗に、あるものの関係者のようにふるまい、ひいきをする人。「メーカー回し者であるかのように商品をほめちぎる」
[類語](1探偵密偵スパイ間諜間者隠密探る忍者忍び忍術忍法忍びの者くノ一素っ破乱波らっぱ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android