回し者(読み)マワシモノ

デジタル大辞泉「回し者」の解説

まわし‐もの〔まはし‐〕【回し者】

陣中などに忍び込んで、ひそかに内情探る間者かんじゃスパイ。「回し者
俗に、あるものの関係者のようにふるまい、ひいきをする人。「メーカーの回し者であるかのように商品をほめちぎる」
[類語](1探偵密偵スパイ間諜間者隠密探る忍者忍び忍術忍法忍びの者くノ一素っ破乱波らっぱ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android