間者(読み)かんじゃ

精選版 日本国語大辞典「間者」の解説

かん‐じゃ【間者】

〘名〙 敵方の様子を探る者。間諜(かんちょう)。まわしもの。しのびのもの。スパイ
※鹿島治乱記(1526)「鹿島宮中并在々所々者を入窺障」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「間者」の解説

かん‐じゃ【間者】

敵方のようすをひそかに探る者。間諜かんちょう。スパイ。「他領に間者を放つ」
[類語]忍者探偵密偵スパイ間諜隠密回し者探る忍び忍術忍法忍びの者くノ一素っ破乱波らっぱ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「間者」の解説

【間者】かんじや

この頃。

字通「間」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「間者」の解説

間者
かんじゃ

隠密」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の間者の言及

【隠密】より

…主家などの密旨をおびて探索に従事する者をいう。忍者,間者。はやくも南北朝時代に姿をあらわすが,その活躍の盛んになるのは戦国時代からである。…

※「間者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android