コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬/狗 イヌ

デジタル大辞泉の解説

いぬ【犬/×狗】

[名]
食肉目イヌ科の哺乳類。嗅覚・聴覚が鋭く、古くから猟犬・番犬・牧畜犬などとして家畜化。多くの品種がつくられ、大きさや体形、毛色などはさまざま。警察犬・軍用犬・盲導犬・競走犬・愛玩犬など用途は広い。
他人の秘密などをかぎ回って報告する者。スパイ。「官憲の―」
人をののしっていう語。
「請ふらくは君わが家の―に語れ」〈今昔・九・三〇〉
[接頭]名詞に付く。
卑しめ軽んじる意を表す。「―侍」
むだで役に立たない意を表す。「―死に」
よく似てはいるが、実は違っているという意を表す。「―蓼(たで)」
[補説]書名別項。→
[下接語]秋田犬御伽(おとぎ)犬飼い犬甲斐(かい)犬狩り犬紀州犬小犬狛(こま)犬里犬地犬柴(しば)犬喪家の狗(いぬ)鷹(たか)犬土佐犬野犬野良犬負け犬尨(むく)犬山犬

けん【犬】[漢字項目]

[音]ケン(呉)(漢) [訓]いぬ
学習漢字]1年
〈ケン〉
イヌ。「犬猿犬歯愛犬闘犬番犬名犬猛犬野犬猟犬老犬
つまらぬもののたとえ。「犬馬・犬羊」
〈いぬ〉「犬侍小犬狛犬(こまいぬ)柴犬(しばいぬ)山犬野良犬(のらいぬ)

いぬ【犬】[書名]

中勘助中編小説。大正11年(1922)、「思想」誌に発表。性描写の過激さから、発禁処分となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

犬 (イヌ)

学名:Canis familiaris
動物。イヌ科の哺乳動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

犬/狗の関連キーワードキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルブラック・ノルウェジアン・エルクハウンドポリッシュ・ローランド・シープドッグホワイト・スイス・シェパード・ドッググレート・スイス・マウンテン・ドッグオールド・デニッシュ・ポインターボヘミアン・シェパード・ドッグジャーマン・シェパード・ドッグスタンダード・シュナウザーコーカシアン・シープドッグブービエ・デ・フランダースロシアン・ブラック・テリアアメリカン・トイ・テリアヒマラヤン・シープドッググリーンランド・ドッグピレニアン・マスティフ身体障害者補助犬グレート・デーンビションフリーゼワーキングドッグ