コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬/狗 イヌ

デジタル大辞泉の解説

いぬ【犬/×狗】

[名]
食肉目イヌ科の哺乳類。嗅覚・聴覚が鋭く、古くから猟犬・番犬・牧畜犬などとして家畜化。多くの品種がつくられ、大きさや体形、毛色などはさまざま。警察犬・軍用犬・盲導犬・競走犬・愛玩犬など用途は広い。
他人の秘密などをかぎ回って報告する者。スパイ。「官憲の―」
人をののしっていう語。
「請ふらくは君わが家の―に語れ」〈今昔・九・三〇〉
[接頭]名詞に付く。
卑しめ軽んじる意を表す。「―侍」
むだで役に立たない意を表す。「―死に」
よく似てはいるが、実は違っているという意を表す。「―蓼(たで)」
[補説]書名別項。→
[下接語]秋田犬御伽(おとぎ)犬飼い犬甲斐(かい)犬狩り犬紀州犬小犬狛(こま)犬里犬地犬柴(しば)犬喪家の狗(いぬ)鷹(たか)犬土佐犬野犬野良犬負け犬尨(むく)犬山犬

けん【犬】[漢字項目]

[音]ケン(呉)(漢) [訓]いぬ
学習漢字]1年
〈ケン〉
イヌ。「犬猿犬歯愛犬闘犬番犬名犬猛犬野犬猟犬老犬
つまらぬもののたとえ。「犬馬・犬羊」
〈いぬ〉「犬侍小犬狛犬(こまいぬ)柴犬(しばいぬ)山犬野良犬(のらいぬ)

いぬ【犬】[書名]

中勘助中編小説。大正11年(1922)、「思想」誌に発表。性描写の過激さから、発禁処分となる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

犬 (イヌ)

学名:Canis familiaris
動物。イヌ科の哺乳動物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

犬/狗の関連キーワードイエロー・ドッグ契約身体障害者補助犬警察犬指定犬種新撰犬筑波集県犬養三千代災害救助犬警察犬犬種細川昭元妻ケンネル知智乃実知々能未橘三千代アイヌ犬犬養内閣高知犬軍用犬使役犬保曽歧パピー尾っぽ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android