コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬/狗 イヌ

2件 の用語解説(犬/狗の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いぬ【犬/×狗】

[名]
食肉目イヌ科の哺乳類。嗅覚・聴覚が鋭く、古くから猟犬・番犬・牧畜犬などとして家畜化。多くの品種がつくられ、大きさや体形、毛色などはさまざま。警察犬・軍用犬・盲導犬・競走犬・愛玩犬など用途は広い。
他人の秘密などをかぎ回って報告する者。スパイ。「官憲の―」
人をののしっていう語。
「請ふらくは君わが家の―に語れ」〈今昔・九・三〇〉
[接頭]名詞に付く。
卑しめ軽んじる意を表す。「―侍」
むだで役に立たない意を表す。「―死に」
よく似てはいるが、実は違っているという意を表す。「―蓼(たで)」
[下接語]1秋田犬御伽(おとぎ)犬飼い犬甲斐(かい)犬狩り犬紀州犬小犬狛(こま)犬里犬地犬柴(しば)犬喪家の狗(いぬ)鷹(たか)犬土佐犬野犬野良犬負け犬尨(むく)犬山犬2忍者忍び忍術忍法忍びの者間者くノ一素っ破乱波(らっぱ)探偵密偵間諜回し者隠密スパイ

けん【犬】[漢字項目]

[音]ケン(呉)(漢) [訓]いぬ
学習漢字]1年
〈ケン〉
イヌ。「犬猿犬歯愛犬闘犬番犬名犬猛犬野犬猟犬老犬
つまらぬもののたとえ。「犬馬・犬羊」
〈いぬ〉「犬侍小犬狛犬(こまいぬ)柴犬(しばいぬ)山犬野良犬(のらいぬ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬/狗の関連キーワードリカオンフェネックギツネ北極狐イヌ(犬)キツネ(狐)ヌクテイオオミミギツネ(大耳狐)カニクイイヌ(蟹食犬)コミミイヌヤブイヌ(藪犬)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone