コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍法 にんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忍法
にんぽう

忍者の使う術技の総称。戦国時代以後,主として伊賀,甲賀両地方の地侍の間で発達した。各地の大名が彼らを隠密として召しかかえるようになってから,忍者伊賀者甲賀者として諸国に広まり,彼らの忍びの術は伊賀流甲賀流と呼ばれるようになった。彼らはきびしい訓練によって各種の武術をはじめ変装速歩跳躍,水泳などの諸術を身につけたが,それらの術は秘伝とされて外部には一切漏されなかったため,一般には誇張された形で受取られ,奇怪な幻術のようにみなされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忍法の関連情報