コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍法 にんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忍法
にんぽう

忍者の使う術技の総称。戦国時代以後,主として伊賀,甲賀両地方の地侍の間で発達した。各地の大名が彼らを隠密として召しかかえるようになってから,忍者伊賀者甲賀者として諸国に広まり,彼らの忍びの術は伊賀流甲賀流と呼ばれるようになった。彼らはきびしい訓練によって各種の武術をはじめ変装速歩跳躍,水泳などの諸術を身につけたが,それらの術は秘伝とされて外部には一切漏されなかったため,一般には誇張された形で受取られ,奇怪な幻術のようにみなされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にん‐ぽう〔‐パフ〕【忍法】

忍術の法。忍術。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にんぽう【忍法】

忍術の法。しのびの術。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

忍法の関連キーワードアカニンジャー超絶長野県長野市戸隠忍法封印いま破るリーゼント山崎戸部 新十郎くノ一忍法帖ヒグラシまる山田 風太郎忍者黒白草紙武蔵野水滸伝海鳴り忍法帖自来也忍法帖天の川を斬る忍法双頭の鷲忍法魔界転生おぼろ忍法帖いちまるろん忍法八犬伝秘戯書争奪軍艦忍法帖

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忍法の関連情報