忍法(読み)にんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忍法
にんぽう

忍者の使う術技の総称。戦国時代以後,主として伊賀,甲賀両地方の地侍の間で発達した。各地の大名が彼らを隠密として召しかかえるようになってから,忍者伊賀者甲賀者として諸国に広まり,彼らの忍びの術は伊賀流甲賀流と呼ばれるようになった。彼らはきびしい訓練によって各種の武術をはじめ変装速歩跳躍,水泳などの諸術を身につけたが,それらの術は秘伝とされて外部には一切漏されなかったため,一般には誇張された形で受取られ,奇怪な幻術のようにみなされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にん‐ぽう ‥パフ【忍法】

※神州天馬侠(1925‐28)〈吉川英治〉紅白の鞠盗み「(ニンポウ)試合? かかる白日の下、万人衆目のあるなかで、忍術の秘法をどう争うのだろうか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忍法の関連情報