コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

探る/索る アナグル

デジタル大辞泉の解説

あな‐ぐ・る【探る/索る】

[動ラ四]さがし求める。さぐる。
「わづかにまなび読む事あれば、これを―・りもとめて、事を言ひ添へ」〈為兼卿和歌抄

さぐ・る【探る】

[動ラ五(四)]
手足の感覚などをたよりにして、目に見えないものをさがし求める。「小銭がないかとポケットを―・る」「暗闇を―・る」
相手の考えやようす・動きなどを、それとなく調べる。「敵情を―・る」「―・るような目つき」
未知の物事を明らかにするために観察したり調査したりする。探求する。「語源を―・る」「事故の原因を―・る」
考えられる最もよいやり方をさがす。「解決の糸口を―・る」
人に知られていない土地や景色などをさがし求める。美しい景色などをたずねて楽しむ。探訪する。「秘境を―・る」「古都の秋を―・る」
[可能]さぐれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さぐる【探る】

( 動五[四] )
直接目に見えないものを、手や足の感覚でさがし求めたり、感じとったりする。 「ポケットを-・って小銭を取り出す」 「 - ・り奉り給へば、いと熱くおはすれば/源氏 若菜下
相手の考えや様子・所在などをこっそりと調べる。 「相手の腹の内を-・る」 「敵情を-・る」
未知の事柄を明らかにしようと調べる。探究する。 「日本語の起源を-・る」
よいやり方を求めて考える。 「問題解決の糸口を-・る」
得ようとして訪ねる。 「慶州に新羅文化を-・る」
[可能] さぐれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

探る/索るの関連キーワードパイロットショップメディアリサーチロジックツリーいのちとかたちサンクチュアリ探りを入れる起源・起原ぎょろつく口裏を引く背後関係脈を見る軍事探偵気を引く化学探査謂れ因縁スパイ手弄り心問ふ草屈り回し者

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android