コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初夢(読み)はつゆめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

初夢
はつゆめ

新年になって最初にみる。その年の吉凶を占おうとする夢占の一種である。朔望暦である旧暦法では立春に先立つ朔 (ついたち) を元日としたため,古くは節分の夜の夢を初夢としたが,その後,暦日の関係から大みそかや元日の夜となり,さらに事始め正月の2日であることから2日の夜の夢を初夢とするようになった。中世以来,その夜,宝船の絵を枕の下に敷いて寝る風習が生れ,悪い夢を見ればその絵を水に流したという。宮中では宝船の帆に「 (ばく) 」という字を書いた絵を宮家堂上家に下賜されたが,貘は人の悪夢を食べるという想像上の動物で,これによって邪気を払うという意味があった。「一富士,二鷹,三茄子」の夢を吉とする俗信江戸時代に生れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はつ‐ゆめ【初夢】

新年最初に見る夢。ふつう元日または2日の夜に見る夢をいう。古くは、節分の夜に見る夢をいった。 新年》「―に古郷(ふるさと)を見て涙かな/一茶

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

初夢【はつゆめ】

新年に初めて見る夢。夢占(ゆめうら)としてその年の吉凶を占う。当初は除夜の夢であったが,除夜には寝ない習慣のせいか江戸中期から元日の夜の夢となり,他の事始めが2日なので2日夜の夢となった。室町時代から宝船を枕の下に敷いて寝ると吉夢を見るという風習が広まった。吉夢を順に並べて〈一富士・二鷹・三茄子(なすび)〉などという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はつゆめ【初夢】

正月に初めて見る夢のことで,その内容からその年の吉凶を占う夢占の意図があった。正月2日が仕事始めであるので,2日に見る夢を初夢といい,〈一富士・二鷹・三茄子(なすび)〉を縁起の良い夢の代表とした。一部には〈夢は逆夢〉といい,逆の結果を予想する所もある。中国の俗説を受けて,良い夢を見るために,夢を食うという貘(ばく)を描いた紙を枕の下に入れて寝る習俗が,宮中や公家を中心に広まり,室町時代には宝船の絵を敷いて寝るようにもなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はつゆめ【初夢】

その年最初に見る夢。元日の夜または正月二日の夜に見る夢。 [季] 新年。
節分の夜に見る夢。 「年くれぬ春来べしとは思ひ寝むまさしく見えてかなふ-/山家

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

初夢
はつゆめ

新しい年を迎えて初めてみる夢。その吉凶で年間の運勢を判断する「夢占(ゆめうら)」の習俗は古く、以前は節分の夜(立春の朝)の夢を初夢としたが、暦制の関係から除夜や元日の夜に移り、やがて「事始め」の正月2日の夜の夢に一定したらしい。すでに室町時代には正月2日夜「宝船」の紙を枕(まくら)の下に置いて寝る風習が始まっており、江戸時代に下ると「宝船売り」が江戸の風物詩として広く親しまれるようにもなっていた。七福神の宝船図、「ながきよのとおのねぶりのみなめざめ、なみのりふねのおとのよきかな」という回文の歌などもつとに固定したらしい。ともかく初夢に特別の関心が寄せられると、こうした「吉夢」をみようというまじないが生じ、また「悪夢」は宝船に添えて川に流す風習や、夢を食べるという架空の動物「バク」の絵を用いるといった「夢たがえ」の風習も生じた。「夢占」という、夢で吉凶を判ずる庶民の伝統は古いが、とくに年初の「初夢」には関心が強く、こうした「初夢」の習俗をおのずから生ずることになったのである。[竹内利美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初夢の関連情報