コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因む チナム

デジタル大辞泉の解説

ちな・む【因む】

[動マ五(四)]
ある物事との関係をもとにして、他の物事が存在する。つながりをもつ。「干支(えと)に―・んだデザイン」「憲法記念日に―・む番組」
かたい約束をする。かたい契りを結ぶ。特に、男女が深い関係をもつ。
「深う―・みぬる顔にて見れば」〈仮・仁勢物語・上〉
親しくする。親しく交わる。
「人ニ―・ム」〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちなむ【因む】

( 動五[四] )
ある事が何かをよりどころとして成り立っている。関係がある。関連する。 「出身地に-・んだ芸名」 「伝説に-・む祭」
縁を結ぶ。ちぎりを結ぶ。つながる。 「家系すじめも正しければ、君が家に-・み給ふは果吉祥なるべし/読本・雨月 吉備津の釜
親しくつき合う。交わる。 「朝日の如く出頭の果報人、向後-・み申さるべし/浄瑠璃・信田小太郎」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

因むの関連キーワードソムブレロー・グアノグンバイゼーション源左衛門せんべいエンゲルブルク岩ブラッキアノ岩エンガディン岩マデュカライ岩リンディノサ岩ラウカスタインタンブッシュ岩ウェルナリズムアルガルヴ岩グリンハラ岩アリュート岩ノシコムバ岩スタバッハ岩サセックス岩ジャーシー岩ハルージックアマースト岩

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

因むの関連情報