コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団貌 だんぼうtuan-mao; t`uan-mao

2件 の用語解説(団貌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

団貌
だんぼう
tuan-mao; t`uan-mao

中国,唐代の戸籍確認の方法。団集貌閲の略称で,人民を集めて年齢や健康状態を査閲すること。貌閲の語は隋代にもみられるが,唐代には戸籍やその編成資料となる計帳をつくる場合に,県令が住民 (おもに小・中・丁男) と面接し,戸主の提出した手実 (申告書) と照合したうえで,新たに丁男,老男に入れる者,課役を徴すべき者と免ずべき者,侍丁を給すべき者などを審査して決定した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だんぼう【団貌 tuán mào】

中国古代における公課徴収の前提となる集団的首実検。隋・唐の文献にこの語が現れ,貌は容貌の貌で首実検する意味の動詞にも用いる。隋・唐時代の公課である租庸調は丁男対象に賦課されたので,徴兵とともに丁男の把握が国家権力にとって必須であり,毎年県令みずから行うたてまえで,19,49,59歳の男子と79,89歳の男女を法定対象とするほか,中男と小男の一部も加えられ,姦欺の疑いある者はだれでも団貌に引き出された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone