コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団貌 だんぼう tuan-mao; t`uan-mao

2件 の用語解説(団貌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

団貌
だんぼう
tuan-mao; t`uan-mao

中国,唐代の戸籍確認の方法。団集貌閲の略称で,人民を集めて年齢や健康状態を査閲すること。貌閲の語は隋代にもみられるが,唐代には戸籍やその編成資料となる計帳をつくる場合に,県令が住民 (おもに小・中・丁男) と面接し,戸主の提出した手実 (申告書) と照合したうえで,新たに丁男,老男に入れる者,課役を徴すべき者と免ずべき者,侍丁を給すべき者などを審査して決定した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だんぼう【団貌 tuán mào】

中国古代における公課徴収の前提となる集団的首実検。隋・唐の文献にこの語が現れ,貌は容貌の貌で首実検する意味の動詞にも用いる。隋・唐時代の公課である租庸調は丁男対象に賦課されたので,徴兵とともに丁男の把握が国家権力にとって必須であり,毎年県令みずから行うたてまえで,19,49,59歳の男子と79,89歳の男女を法定対象とするほか,中男と小男の一部も加えられ,姦欺の疑いある者はだれでも団貌に引き出された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

団貌の関連キーワード広告認知課戸公理中概念六礼板野長八佐藤武敏《中国古代社会研究》《中国古代の祭礼と歌謡》日本における公娼廃止に関する件

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone