コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固定費用・可変費用 こていひようかへんひよう fixed cost,variable cost

1件 の用語解説(固定費用・可変費用の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こていひようかへんひよう【固定費用・可変費用 fixed cost,variable cost】

財やサービスの生産に必要な費用の中身は,大別して固定費用可変費用(変動費用ともいわれる)とに分けられる。固定費用とは,財・サービスの生産量にかかわりなく,つねに一定額だけは支払わねばならない費用を指す。工場の土地を借りている場合には,そこの工場でどれだけ製品を生産するかにかかわらず,前もって契約で決められた一定額の地代を支払わねばならない。このような費用を固定費用といい,工場がすでに所有している機械・設備の償却費,本部職員の給料,固定資産税などもこれに含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

固定費用・可変費用の関連キーワードブランド化サービス修繕費ポイントサービス後処理費用ワイヤサービスGDP(Gross Domestic Product)国内総生産(GDP:Gross Domestic Product)国民総生産(GNP:Gross National Product)生命保険サービス生活費控除

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone