コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国債市場特別参加者

2件 の用語解説(国債市場特別参加者の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国債市場特別参加者

国債の安定消化を目指して財務省が2004年に導入した資格。現在、メガバンク3行を含む銀行や証券会社など22社に与えられている。この資格がなくても、国債入札には参加できる。

(2016-06-08 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国債市場特別参加者
こくさいしじょうとくべつさんかしゃ
JGB market special participantsprimary dealer

日本の財務省が国債取引で実績のある大手金融機関に与える特別な資格。国債の安定消化や国債市場の流動性向上のため、欧米主要国の制度を参考に、財務省が2004年(平成16)10月に導入した。アメリカのプライマリー・ディーラー制度にちなみ、日本版プライマリー・ディーラーともよばれる。財務省が開催する国債市場特別参加者会合に参加し、財務省が検討している新しい仕組みの国債や制度について意見交換ができる。また資格保有者限定の国債買入消却入札のほか、競争入札の平均価格での購入が確約される国債非価格競争入札や、国債流動性供給入札(国債の流動性を保つため、財務省が品薄になった銘柄を追加発行する制度)に参加できるメリットもある。さらに元本と金利部分を分離できるストリップス債の分離・統合の申請や、金利スワップ取引で優先的な取引相手となることもできる。一方、資格保有者はすべての国債入札で発行予定額の4%以上を応札し、短期国債で0.5%以上、中期・長期・超長期国債では1%以上の落札を義務づけられている。また、国債取引に関する情報を財務省に提供し、国債市場に十分な流動性を提供する義務を負う。
 2016年8月時点で、国債市場特別参加者の資格をもつのはメガバンク2行(みずほ銀行、三井住友銀行)と証券会社19社(SMBC日興(にっこう)証券、岡三(おかさん)証券、クレディ・アグリコル証券、クレディ・スイス証券、ゴールドマン・サックス証券、JPモルガン証券、シティグループ証券、ソシエテ・ジェネラル証券、大和(だいわ)証券、ドイツ証券、東海東京証券、野村証券、バークレイズ証券、ビー・エヌ・ピー・パリバ証券、みずほ証券、三菱(みつびし)UFJモルガン・スタンレー証券、メリルリンチ日本証券、モルガン・スタンレーMUFG証券、UBS証券)である。日本銀行のマイナス金利政策の影響で、国債を保有し続けると損失が発生しかねないため、三菱東京UFJ銀行は2016年7月、国債市場特別参加者の資格を返上した。リーマン・ブラザーズ証券のように破綻(はたん)やリストラで資格を返上した外資系金融機関はあったが、日本の金融機関の資格返上は初めてである。[矢野 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国債市場特別参加者の関連キーワードマイケル フェルプス水産業水泳漁業マーリーン オッティ中国フランク フレデリクスライアン ロクテ排他的経済水域カースティ コベントリー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国債市場特別参加者の関連情報