コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日前国懸神宮 ひのくまくにかかすじんぐう

2件 の用語解説(日前国懸神宮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日前国懸神宮
ひのくまくにかかすじんぐう

和歌山市秋月町に鎮座する元官幣大社日前神宮国懸神宮の併称。祭神はヒノクマノオオカミ,クニカカスノオオカミ。いずれもアマテラスオオミカミの前霊とされる。例祭9月 26日。摂社に天道根神社,中言神社がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひのくまくにかかすじんぐう【日前国懸神宮】

和歌山市秋月に鎮座。同一境内に日前・国懸両宮があり,西方の日前神宮は日前大神を主に,相殿に思兼(おもいかね)命,石凝姥(いしこりどめ)命をまつり,東方の国懸神宮は国懸大神を主に,相殿に玉祖(たまのや)命,明立天御影(あかるたちあめのみかげ)命,鈿女(うずめ)命をまつる。両神宮を一括して日前(にちぜん)宮と通称される。《日本書紀》《古語拾遺》の天磐戸(あまのいわと)の段では,天照大神素戔嗚尊の暴状を怒って天石窟(あまのいわや)にこもったとき,思兼神の発案で石凝姥が天香山(あまのかぐやま)の銅をとり,天照大神の神威をかたどる鏡を鋳造した旨を記したあと,〈これすなわち紀伊国にまします日前神〉と記しているが,日前神宮はその日像鏡を,国懸神宮は日矛鏡を御霊代(みたましろ)として奉斎すると伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone