国立女性教育会館(読み)こくりつじょせいきょういくかいかん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国立女性教育会館
こくりつじょせいきょういくかいかん

日本で唯一の女性教育に関するナショナルセンター。英語のNational Women's Education Centerの頭文字から略称NWEC(ヌエック)。独立行政法人国立女性教育会館法(平成11年法律第168号)に基づいて2001年(平成13)4月に設立された文部科学省所管の独立行政法人。前身は1977年(昭和52)に設立された国立婦人教育会館で、2001年1月に国立女性教育会館と改称した。所在地は埼玉県比企郡嵐山(らんざん)町。
 会館の目的は「女性教育指導者その他の女性教育関係者に対する研修、女性教育に関する専門的な調査及び研究等を行うことにより、女性教育の進行を図り、男女共同参画社会の形成に資すること」であり、以下の機能を有する。(1)研修(男女共同参画社会の形成を目ざした、女性の自発的学習を促進)。(2)交流(国内外の女性教育・家庭教育、女性問題に関心をもつ人のネットワーク化を促進)。(3)情報(男女共同参画および女性・家庭・家族に関する情報および資料を収集・整理して提供)。(4)調査研究(女性教育・家庭教育、女性情報に関する専門的な調査および研究)。また、女性情報ポータル「Winet(ウィネット)」での会館作成データベースおよび関係機関データベースの横断検索機能やインターネット上の有用な女性情報リンク集の提供、定期刊行物や報告書等の出版なども行っている。会館施設として、研修・宿泊施設のほかに、女性アーカイブセンター(非公刊の記録資料の閲覧・展示)、体育館やテニスコート、茶室などもある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国立女性教育会館の関連情報