コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家庭教育 かていきょういく

6件 の用語解説(家庭教育の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家庭教育
かていきょういく

社会や学校で行われる教育に対して,家庭での教育をいう。乳幼児保育およびしつけを中心とし,子供をその属する社会に適応するよう指導し,その能力を発揮させることを内容とする。家庭生活そのものが家庭教育であり,その担当者が肉親であるので,継続的かつ一貫した教育をなしうる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かてい‐きょういく〔‐ケウイク〕【家庭教育】

家庭環境の中で、両親や家族によって行われる教育。子供の人間形成にかかわる。→学校教育社会教育

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

家庭教育【かていきょういく】

家庭で行われる教育作用をいう。家庭には,各家庭独自の生活形態,生活観が存在し,子どもは,それら家庭生活の中で影響を受け,社会化していく。家庭では,生活そのものが自然的に教育作用を果たす場合もあり,また親や年長者が,子どもや年少者へ意図的に教育する場合もある。
→関連項目社会教育平和教育

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かていきょういく【家庭教育】

家庭でおこなわれる教育。古代ローマ初期,子に対する家父の権利は生殺与奪の権をも含む強大なものであった。生存を承認されて最初の数年間が過ぎると,少年の教育は完全に父親の手にゆだねられ,あるいは父といっしょに農場で働きあるいは父といっしょに元老院へ行き,父親の所作を模倣することをとおして学んでいった。強大な家父長権は共同体の権威を背景としていたから,子どもたちは,自分の父親の中にローマの伝統の体現者を見てとっていたのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かていきょういく【家庭教育】

家庭での生活を通して、父母やその他の家族によって行われる教育。子供の人格形成に重要な役割をもつ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家庭教育
かていきょういく

家庭での、親権者またはこれにかわる者による子供の教育を意味する。英語はeducation in the home、ドイツ語でFamilien-erziehung、フランス語ではl'ducation familialeと表現する(英語でhome educationというと、むしろ「家庭科教育」を意味することになる)。英語での言い方はヨーロッパ大陸諸国とかなり異なる面があり、「学校教育」もドイツ、フランスでは日本と似たような表現になるが、英語ではschool educationというよりもformal educationのほうが普通である。「教える」を意思や感情の交流のなかで人の主体的な学習・探究を助けることだと解すると、家庭での子供の教育も、これを「しつけに尽きる」などと考えるべきではない。むしろ、しつけとは別な、本質的な意味での教育を、家庭教育についてもまず把握し、これと、学校教育や社会教育(校外教育ともいえる)との合力のなかで、今日とくに家庭教育に期待される面を浮き出させることが必要だといわねばならない。「家庭教育」の語が日本でいつから用いられ始めたかはさだかでないが、おもに「教育的しつけ」を意味するものとして、明治後半期までさかのぼってみることはできる。エレン・ケイ『児童の世紀』が愛読された明治末から大正期にかけて、幼稚園や子供雑誌等による幼児教育の発達と並行し、婦人雑誌等で家庭教育の重要性が強調された。子供雑誌、絵本や、ベビー・オルガンその他の楽器等は、なによりも家庭教育の教材・教具と考えられていたようである。[藤原英夫]

家庭教育での課題

こうした観点から家庭教育の理解・実践上の重点事項をあげると、第一は、子供の成長の節目ごとにおける子供の諸必要への、親権者を中心とする年長家族の教育的対応である。たとえば、出生後まもなく子供に現れる本能的なさまざまの動作や姿態に、だれよりも母親が適切に対応し、優しくことばもかけて心的交流へと誘うことである。これが、情緒不安定に陥らずに生きることを学ぶのを助ける第一歩だといえよう。また、よちよち歩きができるようになった幼児にとって、親が手を貸さずに見守ることのなかで、小冒険達成の経験をもたせることが創造性へとつながり、想像力を養う学習になる場合が少なくないと、指摘する研究者もいる。そのほか、満2歳になるまでもっぱら家庭で育てられた場合と、2歳未満で集団保育の場に預けられた場合との間に、知能指数の優劣を発見することになった心理学者のデータもあれば、3、4歳児の「親離れ」の強行訓練が、かならずしも自立心を養う学習につながるとは限らないことについてのリポートもある。
 従来どちらかといえば、子供の成長発達上の危機的時期における家庭での監護的対応が家庭教育上の要点と考えられることが多かった。しかし、いまや乳幼児に関する精神医学的ないし心理学的な知見の集積を踏まえて、子供の諸必要への家庭でのより純粋に教育的な対応から、家庭教育を発想し構想することができるようになったといえる。
 第二は、家庭教育がどこまでも母親の独壇場であるのでもなければ、家庭教育が独歩する現代社会でもないことの認識に基づき、親権者主導の教育上のよい協力関係を明確にしていくことである。家族間では、親権者(生父母であれ養父母であれ)相互の信頼に基づく協力ないし、それの確かな記憶に支えられる単独での、子供の諸必要への対応を軸とし、それへの祖父母などの協力が適切に行われるといった周辺の事情が加わることが考えられる。もっと広い社会的次元でも、学校教育従事者や校外教育従事者との、親権者主導のいろいろな協力関係の樹立が、改めて考慮されるべき時期がきたともいえよう。これらの点で、第二次世界大戦後改正された民法(明治29年法律89号)の第818条中の「親権は、父母の婚姻中は、父母が共同してこれを行う……」という定めや、同第820条の「親権を行う者は、子の監護及び教育をする権利を有し、義務を負う」といった積極的規定は重要な意味をもつ。
 第三は、「教育即人間形成」といった謬見(びゅうけん)を排除しながら、教育と、親権者の権能行使としての監護(監督保護)との、実際の家庭生活における絡み合いを究明し、子供の個性や、成長発達の度合いに応じた、両者の統合としての生活指導を確立することである。学校教育や青少年のための社会教育の発展しているところでは、家庭が主として分担する役割は、おのずから情感教育とか、徳性訓練だということになるであろう。つまり、豊かな情感は、知性や社会性の開発へと導くのであり、家庭人にとってもそうした学習経験の場面構築が大きな研究課題となる。
 第四は、子供が家庭で、監護とともに教育を受ける特権をもつものであることの、より徹底した理解と承認を大人たちがもつことである。日本で1951年(昭和26)児童憲章制定会議によって公にされた「児童憲章」も、そのような特権を強くにおわせる児童の権利宣言だったといえるし、さらに国際連合の59年総会で採択した「児童の権利宣言」は、いっそう強くこの特権をアピールしたものと考えられる。
 そうした意味で、革命後のソ連で集団保育を受ける幼児に多くみられたという「ホスピタリズム」(施設児障害)や、第二次世界大戦後イスラエルで発展したキブツでも少なからずみられた同様な現象に照らしても、とくに乳幼児にとって家庭で成長発達することは、なににもまして大きな必要事だといえる。つまり、家庭にこそ人間教育の原型があるということであり、生涯学習(生涯教育)の導入部を助けるのもまた家庭教育であることはいうまでもない。子供が学校教育や青少年のための社会教育を享受する段階に到達しても、家庭は独自な教育上の役割を保有するものであり、また保有すべきだ、といわねばならない。[藤原英夫]

家庭教育学の樹立

純粋な意味での教育を核心に据え、「教育的しつけ」にも言及するような、「家庭教育学」(フランスではpdagogie familiale、英語圏でもfamilial pedagogyの語が用いられ始めている)の樹立は、現代社会の、まったく新しい課題である。現在そのための努力は、主として、成人教育としての「両親教育」parent educationの分野で、学際的な協力において行われている。国によっては、「家庭教育学」は青年のための「学校外教育」(日本でいう社会教育)の主題にもなりつつあるが、将来は青年のための学校教育にも取り入れられることになるであろう。
 なお家庭教育と生涯教育との関係について、日本では、家庭教育をいきなり「生涯教育」に結び付けて考える傾向がないではないが、生涯教育とは、学校教育と「学校外教育」の全体の統合・調整を通して、市民社会の全教育構造を再編成する働きのことである。そこで、学校教育のなかにも、「学校外教育」の諸事業のなかにも、「親たることのための教育」に役だつ「家庭教育学」が適切に浸透し分布されることが重要である。それによって初めて個々人の家庭のなかで行われる子供の教育も、生涯教育の流れのなかで考察されることになるわけである。[藤原英夫]
『L・ベンソン著、萩原元昭訳『父親の社会学』(1973・協同出版) ▽日本女子社会教育会編・刊『家庭生活と家庭教育』(1977) ▽文部省編『現代の家庭教育――乳幼児期編』(1984・ぎょうせい) ▽玉井美知子編著『新しい家庭教育の実際』(2000・ミネルヴァ書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭教育の関連キーワード行われる・行なわれる家庭教師世に行われる行われるローマ風呂古代ローマ帝国ローマンブリテン古代ローマの航跡をたどれ古代ローマ人の格言クリア(古代ローマ)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

家庭教育の関連情報