コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際デーテル こくさいデーテルinternational datel

2件 の用語解説(国際デーテルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際デーテル
こくさいデーテル
international datel

「デーテル」は data telecommunicationの略。データ伝送を目的とした国際テレックス網。欧米の各電信会社が各国内に建設したネットの加入者間で国際通信を行うもの。日本では,1971年からアメリカITTおよび RCA国際デーテル加入網との間で,国際デーテル業務を開始した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際デーテル
こくさいでーてる
International Datel

デーテルはData Telex Serviceの略称で、高速の国際テレックスサービスシステムのこと。外国の相手先との間で磁気テープの内容などのデータ伝送ができるとともに、ファクシミリや写真の送受も可能である。操作が簡単なうえ回線使用料も安いので、かなりの通信量はあるが国際専用回線を利用するまでには至らない場合、またテレックスのように任意の相手と通信したいという場合に便利であった。データ通信への橋渡し役として1971年(昭和46)から開始された。日本ではKDD(現KDDI)が87年まで取り扱っていた。取扱地域はほぼ全世界で、海事衛星を利用して船舶との通信も可能であった。国際電話を利用してファクシミリやデータの伝送も行えるようになったので、国際デーテルの需要はそうした他の通信手段に移行した。[福田啓民・徳味昭二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

国際デーテルの関連キーワードαDATA国際保護鳥SQLDCESDRAMCDMA2000 1xEV神英彰IrDAGHSJIT物流

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone