コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際レジーム こくさいレジームinternational regime

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際レジーム
こくさいレジーム
international regime

国際関係における政治的・経済的諸問題の管理とシステムの安定を目的とする原則規範規則,および政策決定の手続きの集合概念相互依存深化が顕著な現代世界において,国家,国際組織,個人,国内集団,多国籍企業間の対立コントロール協調保持のために必要不可欠な体制とされている。ガット (GATT) や海洋法秩序などがその事例とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

国際レジーム

特定の問題領域に関し、各国政府(主要国政府)が目的、行動ルール、紛争処理方法などについて合意した上で、国際的な制度を創出・維持すること。相互依存の在り方を共同で管理する制度。国際金融、通貨管理、通商と関税、石油などの資源供給、海洋秩序などは、1960年代までは米国一国のヘゲモニーの下にあったが、70年代以降、領域別に多国間合意を前提とする国際レジームに、その決定の舞台が移った。国際レジームの組織目標は、通常、米国主導の理念を基調とし、米国の発言権は依然として大きい。しかし米国は、その決定過程を思い通りにはコントロールしていない。

(坂本義和 東京大学名誉教授 / 中村研一 北海道大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

国際レジームの関連キーワード覇権安定論月協定覇権