コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際標準音 こくさいひょうじゅんおんinternational standard pitch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際標準音
こくさいひょうじゅんおん
international standard pitch

楽音の高さの標準として国際的に定められた音。単に標準音ともいう。楽音一定の規則に従って高さの順に配列したものを音階という。音階の各音の高さは相対的に決定できるが,その絶対値を決めるには,どれか1つの音の高さをある一定値に押えなければならない。この値としては,1939年の国際会議でイ音を 440Hzとすることに統一され,日本でも 48年から採用している。楽器はすべてこの音をもとに調律される。オーケストラの場合は,オーボエのイ音をもとにして調律するのが普通である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の国際標準音の言及

【標準音】より

…どの音を標準音とするかは民族や時代によりさまざまで,ジャンルによって異なる場合もあった。ヨーロッパ音楽では伝統的にイ音が標準とされ,1939年のロンドン国際会議以後はイ=440Hz(室温20℃のとき)が国際標準音international pitchとして認められている。日本では1948年に文部省が440Hzを採用し今日にいたっている。…

※「国際標準音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国際標準音の関連キーワードコンサートピッチ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android