コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際標準音 こくさいひょうじゅんおん international standard pitch

1件 の用語解説(国際標準音の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際標準音
こくさいひょうじゅんおん
international standard pitch

楽音の高さの標準として国際的に定められた音。単に標準音ともいう。楽音を一定の規則に従って高さの順に配列したものを音階という。音階の各音の高さは相対的に決定できるが,その絶対値を決めるには,どれか1つの音の高さをある一定値に押えなければならない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国際標準音の言及

【標準音】より

…どの音を標準音とするかは民族や時代によりさまざまで,ジャンルによって異なる場合もあった。ヨーロッパ音楽では伝統的にイ音が標準とされ,1939年のロンドン国際会議以後はイ=440Hz(室温20℃のとき)が国際標準音international pitchとして認められている。日本では1948年に文部省が440Hzを採用し今日にいたっている。…

※「国際標準音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国際標準音の関連キーワード楽音標準星十種雲形定点標準気圧国際標準職業分類国際実用温度目盛ウィーン売買条約国際規格

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone