土佐水木(読み)トサミズキ

デジタル大辞泉の解説

とさ‐みずき〔‐みづき〕【土佐水木】

マンサク科の落葉低木。高知県の山地に自生。葉は倒卵形で、裏面に軟毛がある。春、葉より先に、淡黄色の小花が7~10個の穂状に垂れて咲く。庭園によく植えられる。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とさみずき【土佐水木】

マンサク科の落葉低木。四国の山中に自生、また庭木とされる。高さ2メートル 内外。葉は卵円形で裏面は帯白色。早春、葉に先立って短枝に淡黄色鐘形の五弁花を七~一〇個総状につける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android