コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地基本調査 とちきほんちょうさ

3件 の用語解説(土地基本調査の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土地基本調査
とちきほんちょうさ

個人と法人の土地保有状況を把握するために,1994年に実施された調査。全法人の 40%,一般世帯の 15%を対象に行われ,95年4月に結果が発表された。それによると,全法人の約 35%が土地を保有し,しかも法人所有の土地全体の4分の1が資本金 100億円以上の大企業による。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とちきほんちょうさ【土地基本調査】

国土交通省が全国から標本抽出した土地について利用状況や所有者などのデータを把握するために行う調査。1993年(平成5)から実施され、五年ごとに行われる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土地基本調査
とちきほんちょうさ

土地の利用状況や土地所有者の属性など、全国の土地に関するデータを総合的に把握するため、国土庁(現国土交通省)が1993年(平成5)秋に実施した初めての大規模調査。資本金1億円以上の全企業のほか、1億円未満の企業や個人を標本抽出、あわせて130万件を対象にした。いわば土地のミニ国勢調査で、調査内容は土地の面積や所有形態、利用状況のほか、土地を所有する法人の資本金、土地の取得時期などであった。95年3月に第1回目の報告書がまとめられた。それによると、全国の法人がもつ未利用地の合計は、東京23区の総面積を上回る約6万4300ヘクタールにものぼる実態が明らかになった。98年の第2回目に引き続き、以後5年ごとに実施される。

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土地基本調査の関連キーワード特別土地保有税農地保有合理化法人フリーホールダー一目状況判断資金繰り表建設統計土地保有自由土地保有者直封土地保有

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone