コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土居氏 どいうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土居氏
どいうじ

伊予国久米郡石井郷土居の豪族鎌倉時代河野通成を祖とする。元弘の乱 (1331) には後醍醐天皇に味方し,南北朝争乱には南朝方として活躍した。ほかに美作石見をはじめ各国に土居姓がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土居氏
どいうじ

中世の伊予国(愛媛県)の豪族。伊予の有力豪族河野(こうの)氏の支族で、河野通有(みちあり)の弟通成(みちなり)を祖とするといわれる。久米(くめ)郡土居(どい)(松山市南土居町)の地を本拠とする。通成の子(孫ともいう)通増(みちます)は、後醍醐天皇(ごだいごてんのう)の元弘(げんこう)の変に呼応して1333年(元弘3・正慶2)伊予に兵をあげた。その後同族の得能通綱(とくのうみちつな)らとともに新田義貞(にったよしさだ)軍に属して各地を転戦し、1336年(延元1・建武3)10月越前国(えちぜんのくに)に逃れる途中討ち死にした。室町時代以降の一族は河野氏の家臣団の一員となり、1585年(天正13)河野氏とともに滅亡した。[山内 譲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

土居氏の関連キーワード土居通増佐藤基久山内

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土居氏の関連情報