コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土居氏 どいうじ

2件 の用語解説(土居氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土居氏
どいうじ

伊予国久米郡石井郷土居の豪族。鎌倉時代河野通成を祖とする。元弘の乱 (1331) には後醍醐天皇に味方し,南北朝の争乱には南朝方として活躍した。ほかに美作,石見をはじめ各国に土居姓がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土居氏
どいうじ

中世の伊予国(愛媛県)の豪族。伊予の有力豪族河野(こうの)氏の支族で、河野通有(みちあり)の弟通成(みちなり)を祖とするといわれる。久米(くめ)郡土居(どい)(松山市南土居町)の地を本拠とする。通成の子(孫ともいう)通増(みちます)は、後醍醐天皇(ごだいごてんのう)の元弘(げんこう)の変に呼応して1333年(元弘3・正慶2)伊予に兵をあげた。その後同族の得能通綱(とくのうみちつな)らとともに新田義貞(にったよしさだ)軍に属して各地を転戦し、1336年(延元1・建武3)10月越前国(えちぜんのくに)に逃れる途中討ち死にした。室町時代以降の一族は河野氏の家臣団の一員となり、1585年(天正13)河野氏とともに滅亡した。[山内 譲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土居氏の関連情報