コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土止め どどめ

2件 の用語解説(土止めの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

土止め【どどめ】

山止めとも。土手や掘削面などの土砂の崩壊を防止するための工作物またはその作業をいう。芝を植えたり,擁壁を造ったり,また矢板を打ち込んだりする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

どどめ【土止め sheathing】

土留めとも書く。山止めと同義。傾斜面の土砂崩れを防いだり,地下構造物をつくるときの根切り掘削工事の際に,周囲の土砂の崩れ込みを防ぐとともに,地盤を安定させた状態で土砂を取り除くために設けられる土圧に抵抗する構造物。地下構造物をつくる場合,土止めは一般には仮設構造物であるが,土止め壁の地下連続壁を本体構造の一部に利用することもある。ふつう土止め壁とこれを支える支保工とからなり,種類としては,擁壁,護岸壁,仮設土止めがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土止めの関連キーワード東京メトロアシンメトリーバイオメトリックスメトーデ打止める土留メトードメトネ山止土留め

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土止めの関連情報