コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土止め どどめ

百科事典マイペディアの解説

土止め【どどめ】

山止めとも。土手や掘削面などの土砂の崩壊を防止するための工作物またはその作業をいう。芝を植えたり,擁壁を造ったり,また矢板を打ち込んだりする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どどめ【土止め sheathing】

土留めとも書く。山止めと同義。傾斜面の土砂崩れを防いだり,地下構造物をつくるときの根切り掘削工事の際に,周囲の土砂の崩れ込みを防ぐとともに,地盤を安定させた状態で土砂を取り除くために設けられる土圧に抵抗する構造物。地下構造物をつくる場合,土止めは一般には仮設構造物であるが,土止め壁の地下連続壁を本体構造の一部に利用することもある。ふつう土止め壁とこれを支える支保工とからなり,種類としては,擁壁,護岸壁,仮設土止めがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

土止めの関連キーワードヤシャブシ(夜叉五倍子)コンクリートブロックアースアンカーギボウシマヤ文化トンネルケーソン仮設工事土工事鋼矢板階段タケ鉱害ササ切梁鋼材軟石芝生土俵石垣

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土止めの関連情報