コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建設公害(読み)けんせつこうがい

世界大百科事典 第2版の解説

けんせつこうがい【建設公害】

建設活動に伴って発生する公害は,公害対策基本法によれば,騒音振動地盤沈下の三つを典型としている。しかし建設工事に伴う公害紛争の原因には,これら3種の公害に限らず,建設活動に伴って生ずる相当範囲にわたる人の健康または生活環境にかかわる被害の発生したもの,あるいは発生の可能性があるものも含まれる。建設公害には建築物によって発生するものとその建設工事から生ずるものの二つがある。前者には高層建築物による日照阻害,圧迫感,眺望阻害,風害,電波障害,また道路,駐車場施設などによる騒音,振動,排気ガス,さらに建物の用途によっては道路交通障害,給排水障害,水質・大気汚染などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android