コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建設公害 けんせつこうがい

1件 の用語解説(建設公害の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けんせつこうがい【建設公害】

建設活動に伴って発生する公害は,公害対策基本法によれば,騒音,振動,地盤沈下の三つを典型としている。しかし建設工事に伴う公害紛争の原因には,これら3種の公害に限らず,建設活動に伴って生ずる相当範囲にわたる人の健康または生活環境にかかわる被害の発生したもの,あるいは発生の可能性があるものも含まれる。建設公害には建築物によって発生するものとその建設工事から生ずるものの二つがある。前者には高層建築物による日照阻害,圧迫感,眺望阻害,風害,電波障害,また道路,駐車場施設などによる騒音,振動,排気ガス,さらに建物の用途によっては道路交通障害,給排水障害,水質・大気汚染などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

建設公害の関連キーワード界雷環境庁公害公害罪公害対策基本法社会的費用脳波公害裁判食品公害宇井純

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone