土湯峠(読み)つちゆとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土湯峠
つちゆとうげ

福島県北部,吾妻山安達太良山の間にある峠。野地峠とも呼ばれる。標高 1242m。福島市猪苗代町を結ぶ国道 115号線が走り,磐梯吾妻スカイライン (磐梯吾妻道路) が合流する。冬は雪深い峠道となる。福島口側には野地温泉土湯温泉,猪苗代口側には横向温泉があり,観光客でにぎわう。磐梯朝日国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土湯峠の関連情報