土湯温泉(読み)つちゆおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土湯温泉
つちゆおんせん

福島県北東部,吾妻山 (2035m) の南東麓,阿武隈川支流の荒川沿いにある温泉。泉質単純泉重曹泉鉄泉硫黄泉泉温 39~75℃。吾妻山の登山基地。福島市から磐梯高原へ向う途中にあり,観光温泉地として発展。土湯スキー場があり,冬季はスキー客でにぎわう。磐梯朝日国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

つちゆおんせん【土湯温泉】

福島市南西、荒川の渓谷にある温泉。硫化水素泉・重曹泉など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕土湯温泉(つちゆおんせん)


福島市南西部、吾妻小富士(あづまこふじ)南東麓(なんとうろく)にわく行楽向きの温泉。土湯峠経由で磐梯(ばんだい)吾妻スカイラインと結ぶ観光基地。北西2kmの仁田(にた)沼はミズバショウの群生地。土湯こけしが特産品。ナトリウム-炭酸水素塩泉、ナトリウム-硫酸塩泉。泉温95.2℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土湯温泉
つちゆおんせん

福島県中通り北部、福島市西部にある温泉。吾妻連峰(あづまれんぽう)東麓(ろく)に位置する。泉質は単純温泉、炭酸水素塩泉、硫黄泉。磐梯(ばんだい)朝日国立公園域にあり、吾妻観光の基地。土湯・高湯温泉郷として国民保養温泉地に指定される。付近には男沼(おぬま)、女沼(めぬま)などがあり、高原植物群と土湯系こけしで知られる。1927年(昭和2)と1954年(昭和29)に大火にあったが復興した。福島駅などからバスの便がある。[原田 榮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

つちゆ‐おんせん ‥ヲンセン【土湯温泉】

福島市南西部の温泉。吾妻小富士南東側のふもと、荒川の渓谷にある。泉質は含食塩重曹泉、硫化水素泉、単純泉など。磐梯朝日国立公園の一部。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土湯温泉の関連情報