コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土湯温泉 つちゆおんせん

5件 の用語解説(土湯温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土湯温泉
つちゆおんせん

福島県北東部,吾妻山 (2035m) の南東麓,阿武隈川支流の荒川沿いにある温泉。泉質は単純泉,重曹泉,鉄泉,硫黄泉。泉温 39~75℃。吾妻山の登山基地。福島市から磐梯高原へ向う途中にあり,観光温泉地として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つちゆ‐おんせん〔‐ヲンセン〕【土湯温泉】

福島市南西部の温泉。吾妻連峰の吾妻小富士東麓にある。泉質は単純温泉炭酸水素塩泉硫黄泉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つちゆおんせん【土湯温泉】

福島市南西、荒川の渓谷にある温泉。硫化水素泉・重曹泉など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕土湯温泉(つちゆおんせん)


福島市南西部、吾妻小富士(あづまこふじ)南東麓(なんとうろく)にわく行楽向きの温泉。土湯峠経由で磐梯(ばんだい)吾妻スカイラインと結ぶ観光基地。北西2kmの仁田(にた)沼はミズバショウの群生地。土湯こけしが特産品。ナトリウム-炭酸水素塩泉、ナトリウム-硫酸塩泉。泉温95.2℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土湯温泉
つちゆおんせん

福島県中通り北部、福島市西部にある温泉。吾妻(あづま)連峰東麓(ろく)に位置する。泉質は単純温泉、炭酸水素塩泉、硫黄泉。磐梯(ばんだい)朝日国立公園域にあり、吾妻観光の基地。土湯・高湯温泉郷として国民保養温泉地に指定される。付近には男沼(おぬま)、女沼(めぬま)などがあり、高原植物群と土湯系こけしで知られる。1927年(昭和2)と1954年(昭和29)に大火にあったが復興した。福島駅などからバスの便がある。[原田 榮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土湯温泉の関連キーワード吾妻吾妻コート吾妻下駄吾妻高原スターハントユースホステルあづま総合運動公園吾妻山公園福岡県糸島市志摩小富士吾妻町吾妻小富士吾妻路宮古太夫(4代)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土湯温泉の関連情報