コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土肥次郎の妻 どひ・じろうのつま

朝日日本歴史人物事典の解説

土肥次郎の妻

没年:安貞2(1228)
生年:生年不詳
平安後期・鎌倉初期の女性。夫土肥次郎実平の子孫小早川氏の系図は,源頼朝の娘と記す。実平は伊豆での挙兵当初より頼朝に従って転戦し,妻は消息で味方の動静を知らせたので,頼朝はこれに助けられて味方を正確に移動させることができた。夫妻の軍功が並びなきものであったこと,また,実平が元暦1(1184)年に備前,備中,備後3カ国の守護に任じられて重用されたことが,後世,妻の頼朝娘説を生んだのであろう。実平の死後,「土肥後家尼」として頼朝に拝閲するなど,土肥氏の側近御家人としての家格を守ることに努力した。

(田端泰子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

土肥次郎の妻の関連キーワードヤコブス・デ・ウォラギネ埼玉県立浦和高校松田町のふるさと鉄道サンフランチェスコ聖堂七条院バイバルス無門関隆寛サン・フランチェスコ聖堂道元

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android