コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在留カード ざいりゅうかーど

3件 の用語解説(在留カードの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

在留カード

日本における外国人の身分を公的に証すカード。2009年7月15日、入管法などの一部改正法が交付され、12年7月9日より新たな在留管理制度が施行された。法務省と市区町村が行っていた情報把握を、法務大臣のもとに一元化することが新制度の骨子。これに伴い外国人登録制度は廃止され、中長期滞在者については外国人登録証に替わり同カードの登録・携帯が義務づけられた。前制度との違いは「外国人にも住民票が作成される」「在住期間は最長5年」「特別永住者にはカードの携帯義務がない」「再入国許可有効期間の上限が5年」「各種手続きの負担緩和」など。

(2012-07-11)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

在留カード

2012年7月、外国人登録証明書(外登証)に代わって導入された。それまでは法務省が出入国や在留期間の情報、各地の自治体が居住地や世帯などの情報を、別々に管理していたが、在留資格の有無に関係なく自治体が外登証を発行していたため、不法就労などに利用されやすい面があった。在留カードは、法務省が外国人の情報を一元的に管理し、発行。顔写真や住所、在留資格といった情報が記載され、偽造対策としてICチップホログラムが付いている。

(2014-01-11 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ざいりゅう‐カード〔ザイリウ‐〕【在留カード】

入国管理法に基づき、90日を超えて日本に在留する外国人に法務省が交付する身分証明書。ICチップ内蔵のプラスチックカードで、氏名・住居地・在留資格・在留期間などが記載され、常時携帯の義務がある。特別永住者には特別永住者証明書が交付される。
[補説]それまで市区町村が交付していた外国人登録証明書に替えて、平成24年(2012)から交付開始。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

在留カードの関連キーワード外国人登録法在留指紋押捺在留管理制度外国人登録外国人登録証明書外国船舶航行法漁業主権法在留審査と外国人登録シャーバンダル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

在留カードの関連情報