コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地球近傍小惑星 ちきゅうきんぼうしょうわくせい near-Earth asteroid

3件 の用語解説(地球近傍小惑星の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地球近傍小惑星
ちきゅうきんぼうしょうわくせい
near-Earth asteroid

火星の軌道より内側に軌道をもつ小惑星をさす。これらは次の3つに大別される。 (1) 地球の軌道より内側の軌道をもつアテン Aten群,(2) 近日点では地球軌道より内側,遠日点で地球軌道と火星軌道の間を通るアポロ Apollo群,(3) 地球軌道より外側だが火星軌道の内側を通るアモール Amor群。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちきゅうきんぼう‐しょうわくせい〔チキウキンバウセウワクセイ〕【地球近傍小惑星】

火星より内側の地球近傍に軌道をもつ小惑星の総称。軌道要素によって分類されたアポロ群アテン群アモール群という三つの群があり、累計1万4000個以上見つかっている。その中で地球に0.05天文単位(約750万キロメートル)以内に接近し、直径100メートル以上のものは「潜在的に地球と衝突する恐れがある小惑星」(PHA)と呼ばれ、NASA(米航空宇宙局)による追跡プロジェクトNEAT)が続けられている。地球接近小惑星近地球型小惑星。アポロアモールアテン型小惑星AAA天体NEA(near earth asteroid)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地球近傍小惑星
ちきゅうきんぼうしょうわくせい
Near Earth Asteroid

地球に接近する軌道をもつ天体(地球近接天体Near Earth Object)のうち、小惑星をさす。近地球型小惑星ともよぶ。
 地球近傍小惑星はその軌道により、アポロ群(地球軌道の内側にくる事もある小惑星、2008年1月の時点で約2500個)、アモール群(小惑星の近日点が地球と火星の間にある小惑星、2008年1月の時点で約2200個)、アテン群(地球軌道の内側にあるが、地球軌道の外側にくる事もある小惑星、2008年1月の時点で約400個)に分けられる。また、常に地球軌道の内側にある小惑星も発見されている。
 恐竜を絶滅させた原因が巨大隕石(いんせき)の落下であるという説が有力視され、地球に落下(または衝突)する可能性のある地球近傍小惑星への関心が高まっている。そこで、1996年3月に地球近傍小惑星や彗星(すいせい)などの軌道を正確に観測する体制が国際スペースガード財団として発足した。日本でも日本スペースガード協会が1996年(平成8)6月に設立され、活動している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地球近傍小惑星の関連キーワード内惑星アテン群アポロ群アモール群AAA天体地球近傍小惑星追跡地球接近小惑星NEAT火星横断小惑星近地球型小惑星

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone