コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地雷禁止国際キャンペーン じらいきんしこくさいキャンペーン International Campaign to Ban Landmines; ICBL

4件 の用語解説(地雷禁止国際キャンペーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地雷禁止国際キャンペーン
じらいきんしこくさいキャンペーン
International Campaign to Ban Landmines; ICBL

対人地雷全面禁止条約の成立を目指す非政府組織 NGO。 1991年市民運動家 J.ウィリアムズらによって創設された。その後,世界中の途上国で人道援助活動を繰広げる 55ヵ国以上,約 1000の NGOを結集し,国際世論盛上げると同時に,各国政府にも強力に働きかけ,97年 12月オタワ会議で地雷禁止条約調印を実現させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

地雷禁止国際キャンペーン

世界各地で年間2万人以上の死傷者を出している対人地雷を廃絶するための、非政府組織(NGO)による国際的な運動。1991年に米国とドイツの途上国援助NGOが始め、米国ワシントンD.C.に本部を置く。60を超える国・地域で現地団体が活動するほか、数多くの国際NGOと連携している。赤十字国際委員会(ICRC)や国連の人道援助機関などと連携し、97年3月の「NGO東京地雷会議」でも主役となった。運動を民間レベルにとどめず、各国政府にも働きかけており、カナダを中心に数カ国の賛同を得て、対人地雷全面禁止条約締結のための運動を始めた。事態は急速に展開し、97年9月、オスロで採択。ICBLは97年度ノーベル平和賞受賞。

(最上敏樹 国際基督教大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じらいきんし‐こくさいキャンペーン〔ヂライキンシ‐〕【地雷禁止国際キャンペーン】

対人地雷の製造・使用禁止を目指すNGOの国際的連合体。1992年に6団体で発足。対人地雷禁止条約オタワ条約)の成立に貢献し、1997年にノーベル平和賞を受賞。2011年にクラスター爆弾連合CMC)と統合した。ICBL(International Campaign to Ban Landmines)。→アイシービーエル‐シーエムシー(ICBL‐CMC)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地雷禁止国際キャンペーン
じらいきんしこくさいきゃんぺーん
International Campaign to Ban Landmines

世界各地で対人地雷廃絶運動を展開する非政府組織(NGO)の連合体。略称ICBL。「地雷の製造・貯蔵・使用・移譲などを全面禁止する対人地雷禁止条約」(オタワ条約)の採択に主導的役割を果たした功績で、1997年のノーベル平和賞を受賞した。受賞は同キャンペーン代表であったアメリカ人市民運動家ジョディ・ウィリアムズとの共同受賞である。
 「ベトナム戦争退役軍人アメリカ基金」「地雷被害者ネットワーク」「ハンディキャップ・インターナショナル」「人権のための医師団」など人道、人権、難民保護、医療関係の六つの非政府組織によって1992年、対人地雷全廃に向けた国際世論を喚起するため結成された。本部をスイスのジュネーブに置く。2011年にはクラスター爆弾の保有・使用の禁止を目ざすNGOネットワーク「クラスター兵器連合」(CMC:Cluster Munition Coalition)と統合し、2014年末時点で世界の100か国を超える約1000の非政府組織が加盟している。1999年のオタワ条約発効を機に、地雷禁止国際キャンペーンは毎年、世界の地雷被害状況などをまとめた年次報告書「地雷モニター報告Landmine Monitor Report」を公表している。2014年版報告では、世界の2013年の地雷や不発弾による死傷者数は3308人と前年比25%の減少で、オタワ条約発効以降で最少となったとしている。しかしアフガニスタン、シリア、ミャンマー、コロンビアなどでは新たに地雷が敷設されているほか、世界全体の地雷による死傷者の79%を一般市民が占め、その半数近くが子供であると報告。このため地雷禁止国際キャンペーンは過去に埋設された地雷の早期撤去と同時に、アメリカ、中国、ロシアなど未加盟国へのオタワ条約加盟を強く働きかけている。[矢野 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地雷禁止国際キャンペーンの関連キーワード合葬血の日曜日ICBL死傷者アウ山中国語普及策インフルエンザの死亡率硫黄島の戦いと遺骨収集サブサハラのエイズ前橋空襲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地雷禁止国際キャンペーンの関連情報