コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊吹山地 いぶきさんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊吹山地
いぶきさんち

滋賀・岐阜県境にある地塁山地古生層砂岩花崗岩粘板岩などから成り,土蔵岳 (1008m) ,金糞岳 (1317m) などの峰が南東方向に連なる。南端最高峰伊吹山 (1377m) で限られ,関ヶ原地峡にいたる。西斜面の杉野川上流域の土倉にはかつて銅鉱山があった。東斜面は揖斐川の谷。山地の横断交通はわずかに八草越 (国道 303号線) が知られるのみ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔滋賀県(岐阜県)〕伊吹山地(いぶきさんち)


滋賀・岐阜県境を南北に延びる地塁(ちるい)山地。西は1000m以上の標高差がある断層崖(だんそうがい)をなして近江(おうみ)盆地に臨み、南は関ヶ原(せきがはら)を隔てて鈴鹿(すずか)山脈に対する。南北約30~50km。最高峰は伊吹山(標高1377m)で、その中腹以上は草原が卓越(たくえつ)する特殊な植物相を示し、モグサなど薬草の特産地として知られる。深雪地帯のため、谷間の集落では過疎化が進む。岐阜県側の山地は揖斐(いび)関ヶ原養老国定公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊吹山地
いぶきさんち

滋賀・岐阜県境にある山地。最高峰は伊吹山。花崗岩(かこうがん)および古生層の砂岩、粘板岩が主で、東西は断層崖(がい)、南は関ヶ原狭隘(きょうあい)部で鈴鹿(すずか)山脈に対峙(たいじ)している。北西へは金糞(かなくそ)岳、横山岳へ連なり福井県境へと続く。伊吹山を中心として伊吹県立自然公園をなし、キャンプ場、スキー場、関ヶ原古戦場、城跡などがある。[高橋誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の伊吹山地の言及

【伊吹山】より

…滋賀県と岐阜県の県境を南北にのびる伊吹山地の主峰で,標高1379m。地質は古生代石灰岩よりなり,山麓の古生層は石灰岩が少ない。…

※「伊吹山地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊吹山地の関連キーワード岐阜県不破郡関ケ原町北陸トンネル関ヶ原[町]春日〈村〉湖北[町]米原(市)浅井[町]近江[町]滋賀・志賀垂井[町]近江盆地揖斐川町関ヶ原町木之本垂井町植物相滋賀県米原市池田町不破関

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android