コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷汲 たにぐみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷汲
たにぐみ

岐阜県南西部,揖斐川町南東部の旧村域。揖斐川とその支流根尾川の間にある。 1897年4村が合体し谷汲村が発足。 1956年長瀬村と合体。 1960年横蔵村を編入。 2005年揖斐川町,春日村,久瀬村,藤橋村,坂内村の5町村と合体して揖斐川町となった。両白山地最南端にあり大部分は丘陵性山地で占められる。主産業は米作で,茶,富有柿,シイタケなどを特産。国の重要文化財の仏像を所蔵する谷汲山華厳寺 (谷汲観音) ,即身仏のある横蔵寺が知られる。一部は揖斐関ヶ原養老国定公園揖斐県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷汲
たにぐみ

岐阜県南西部、揖斐(いび)郡にあった旧村名(谷汲村(むら))。現在は揖斐川町の南東部を占める地域。1956年(昭和31)谷汲、長瀬の2村が合併、1960年横蔵(よこくら)村を編入。2005年(平成17)春日(かすが)、久瀬(くぜ)、藤橋(ふじはし)、坂内(さかうち)の4村とともに揖斐川町と合併した。旧村域は、根尾谷(ねおだに)南西部および揖斐谷南東部入口にまたがる。地域の東端を樽見(たるみ)鉄道が走る。また、東部には東海自然歩道が通る。米作とともに養鶏、養豚が盛んで、シイタケ、茶、富有(ふゆう)ガキが特産。谷汲山華厳(けごん)寺は西国(さいごく)三十三番札所で、満願霊場。1926年(大正15)には名古屋鉄道谷汲線が開通したが、2001年(平成13)廃止、バス転換された。旧谷汲線の終点から同寺の山門まで門前町が開け商店が建ち並ぶ。毎年2月18日の豊年祭に行われる谷汲踊りは有名で、県の重要無形民俗文化財。一方横蔵寺には平安・鎌倉時代の多くの仏像が国指定の重要文化財としてよく保存され、美濃(みの)の正倉院ともよばれる。両寺とも春秋の季節を中心に参詣(さんけい)者が多い。[上島正徳]
『『谷汲村史』(1977・谷汲村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

谷汲の関連キーワード岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲名礼岐阜県揖斐郡揖斐川町華厳寺(岐阜県)春日(岐阜県)揖斐川(町)西国三十三所谷汲[村]谷汲〈村〉北国脇往還大野(町)那谷寺根尾谷本巣妙心豊然那谷

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

谷汲の関連情報