コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷汲 たにぐみ

2件 の用語解説(谷汲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷汲
たにぐみ

岐阜県南西部,揖斐川町南東部の旧村域。揖斐川とその支流根尾川の間にある。 1897年4村が合体し谷汲村が発足。 1956年長瀬村と合体。 1960年横蔵村を編入。 2005年揖斐川町春日村,久瀬村,藤橋村,坂内村の5町村と合体して揖斐川町となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷汲
たにぐみ

岐阜県南西部、揖斐(いび)郡にあった旧村名(谷汲村(むら))。現在は揖斐川町の南東部を占める地域。1956年(昭和31)谷汲、長瀬の2村が合併、1960年横蔵(よこくら)村を編入。2005年(平成17)春日(かすが)、久瀬(くぜ)、藤橋(ふじはし)、坂内(さかうち)の4村とともに揖斐川町と合併した。旧村域は、根尾谷(ねおだに)南西部および揖斐谷南東部入口にまたがる。地域の東端を樽見(たるみ)鉄道が走る。また、東部には東海自然歩道が通る。米作とともに養鶏、養豚が盛んで、シイタケ、茶、富有(ふゆう)ガキが特産。谷汲山華厳(けごん)寺は西国(さいごく)三十三番札所で、満願霊場。1926年(大正15)には名古屋鉄道谷汲線が開通したが、2001年(平成13)廃止、バス転換された。旧谷汲線の終点から同寺の山門まで門前町が開け商店が建ち並ぶ。毎年2月18日の豊年祭に行われる谷汲踊りは有名で、県の重要無形民俗文化財。一方横蔵寺には平安・鎌倉時代の多くの仏像が国指定の重要文化財としてよく保存され、美濃(みの)の正倉院ともよばれる。両寺とも春秋の季節を中心に参詣(さんけい)者が多い。[上島正徳]
『『谷汲村史』(1977・谷汲村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

谷汲の関連キーワード岐阜県揖斐郡岐阜県揖斐郡揖斐川町岡岐阜県揖斐郡揖斐川町小津岐阜県揖斐郡揖斐川町小野岐阜県揖斐郡揖斐川町桂岐阜県揖斐郡揖斐川町清水岐阜県揖斐郡揖斐川町塚岐阜県揖斐郡揖斐川町鶴見岐阜県揖斐郡揖斐川町長良岐阜県揖斐郡揖斐川町和田

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

谷汲の関連情報