コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久瀬 くぜ

2件 の用語解説(久瀬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久瀬
くぜ

岐阜県南西部,揖斐川町中部の旧村域。揖斐川中流域にあり,北東部は両白山地,南西部は伊吹山地が広がる。 1897年村制。 2005年揖斐川町谷汲村,春日村,藤橋村,坂内村の5町村と合体して揖斐川町となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久瀬
くぜ

岐阜県西部、揖斐(いび)郡にあった旧村名(久瀬村(むら))。現在は揖斐川町の中部を占める地域。旧久瀬村は、2005年(平成17)谷汲(たにぐみ)、春日(かすが)、藤橋(ふじはし)、坂内(さかうち)の4村とともに揖斐川町に合併。旧村域は揖斐川上流部にあたり、国道303号が通じる。かつて本流沿いの同国道には難所が多かったが、トンネルの開通により、岐阜・大垣への距離が短縮され、安全となった。地域の中心地東津汲(ひがしつくみ)の鎌倉踊と、三倉(みくら)に伝わる太鼓(たいこ)踊は、県指定重要無形民俗文化財。揖斐峡、揖斐高原は、揖斐関ヶ原養老国定公園の一部で、スキー場や温泉もある。近年、観光開発が図られている。地域の東北部小津(おづ)谷の奥部には、かつて揖斐谷各地を渡り歩いた木地師(きじし)の本拠地があった。[上島正徳]
『『久瀬村誌』『久瀬村誌 史料編』(1973・久瀬村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久瀬の関連キーワード岐阜県揖斐郡岐阜県揖斐郡揖斐川町岡岐阜県揖斐郡揖斐川町小津岐阜県揖斐郡揖斐川町小野岐阜県揖斐郡揖斐川町桂岐阜県揖斐郡揖斐川町清水岐阜県揖斐郡揖斐川町塚岐阜県揖斐郡揖斐川町鶴見岐阜県揖斐郡揖斐川町長良岐阜県揖斐郡揖斐川町和田

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

久瀬の関連情報