久瀬(読み)くぜ

日本大百科全書(ニッポニカ)「久瀬」の解説

久瀬
くぜ

岐阜県西部、揖斐郡(いびぐん)にあった旧村名(久瀬村(むら))。現在は揖斐川町の中部を占める地域。旧久瀬村は、2005年(平成17)谷汲(たにぐみ)、春日(かすが)、藤橋(ふじはし)、坂内(さかうち)の4村とともに揖斐川町に合併。旧村域は揖斐川上流部にあたり、国道303号が通じる。かつて本流沿いの同国道には難所が多かったが、トンネルの開通により、岐阜・大垣への距離が短縮され、安全となった。地域の中心地東津汲(ひがしつくみ)の鎌倉踊と、三倉(みくら)に伝わる太鼓(たいこ)踊は、県指定重要無形民俗文化財。揖斐峡、揖斐高原は、揖斐関ヶ原養老国定公園の一部で、スキー場や温泉もある。近年、観光開発が図られている。地域の東北部小津(おづ)谷の奥部には、かつて揖斐谷各地を渡り歩いた木地師(きじし)の本拠地があった。

[上島正徳]

『『久瀬村誌』『久瀬村誌 史料編』(1973・久瀬村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「久瀬」の解説

久瀬
くぜ

岐阜県南西部,揖斐川町中部の旧村域。揖斐川中流域にあり,北東部は両白山地,南西部は伊吹山地が広がる。 1897年村制。 2005年揖斐川町,谷汲村,春日村,藤橋村,坂内村の5町村と合体して揖斐川町となった。和牛ワサビ,シイタケを産する。スキー場,キャンプ場があり,揖斐川とその支流峡谷には紅葉名所が多い。一部は揖斐県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android