コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂本清馬 さかもと せいま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂本清馬 さかもと-せいま

1885-1975 明治-昭和時代の社会運動家。
明治18年7月4日生まれ。39年上京,幸徳秋水らの運動にかかわる。大逆事件で死刑判決をうけるが,特赦無期懲役。昭和9年仮出所。戦後,大逆罪廃止によって刑を免除される。再審請求,特別抗告はともに棄却された。昭和50年1月15日死去。89歳。高知県出身。高知第二中学中退。号は克水。自伝に「大逆事件を生きる」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の坂本清馬の言及

【大逆事件】より

…表のように幸徳秋水(伝次郎)ら24名は大逆罪により死刑,2名は爆発物取締罰則違反の有期懲役で,大審院一審のみの終審となった。翌19日坂本清馬ら12名は明治天皇の特赦により無期懲役に減刑された。1月24日午前8時の幸徳に始まり,30~40分おきに11名が市谷の東京監獄刑場において死刑の執行をうけ,管野スガのみ翌朝死刑となった。…

※「坂本清馬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

坂本清馬の関連キーワード昭和時代明治

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android