コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂田半五郎(初代)(読み)さかた はんごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂田半五郎(初代) さかた-はんごろう

1683-1735 江戸時代中期の歌舞伎役者。
天和(てんな)3年生まれ。2代坂田藤十郎の門下正徳(しょうとく)3年江戸中村座に立役(たちやく)として出演,享保(きょうほう)4年朝比奈三郎(義秀)役の荒事(あらごと)で名をあげ,9年実悪(じつあく)に転じ上手と評された。享保20年4月23日市村座の舞台で死去。53歳。俳名は杉暁。屋号は正月屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

坂田半五郎(初代)

没年:享保20.4.23(1735.6.13)
生年:天和3(1683)
江戸前期の歌舞伎役者。2代目坂田藤十郎の門弟。屋号正月屋,俳名杉暁。田舎芝居の立者から江戸の大芝居に進出した。敵役,実事から実悪に転じ,実事,荒事,敵役をはじめとして愁嘆事,男伊達などをよくしたが,特に実悪を本領として上手と評せられた。出世芸となった朝比奈三郎を代表として,当たり役に鎌田正清,横川覚範,安倍貞任,佐藤忠信などがある。江戸市村座の舞台上で没した。坂田半五郎の名跡は明治まで5代を数えるが,4代まではいずれも実悪をもって名を著し,特に2代目半五郎がこの名跡を確固たるものとした。

(池上文男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android