コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂田莠 さかた はぐさ

1件 の用語解説(坂田莠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂田莠 さかた-はぐさ

1830-1891 江戸後期-明治時代の武士,神職。
天保(てんぽう)元年生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)高鍋(たかなべ)藩士。藩校明倫堂にまなんだのち,大坂で藤沢東畡(とうがい),江戸で藤森弘庵(こうあん)の門人となる。維新後は新政府につとめ,明治14年奈良県大神(おおみわ)神社の宮司となった。明治24年3月30日死去。62歳。著作に「素行紀事」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

坂田莠の関連キーワード民衆を導く自由の女神上高地シャルル赤と黒お蔭参り七月革命歌川広重(初代)大塩平八郎天童藩強制栽培制度

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone