コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基準振動 きじゅんしんどう

大辞林 第三版の解説

きじゅんしんどう【基準振動】

両端を固定した弦や円筒中の空気、二つつないだ振り子などの振動で、それらが示す複雑な振動の基本となっている特定の形式の単振動。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

基準振動
きじゅんしんどう

両端を固定した弦や、空洞中の気柱、つなぎ合わせた振り子などを振動させるとき、いくつかの特定の振動数の振動のみが発生する。これを基準振動または固有振動という。糸の長さもおもりの質量も等しい二つの単振り子を並べ、二つの単振り子の糸を水平な糸でつないでつくった複振り子の場合、一つの単振り子の振動は他の単振り子の振動に影響を及ぼし、二つの単振り子の振動は時間的な消長を繰り返す。すなわち、一つの単振り子が大きく振れているときには、他の単振り子はほとんど揺れず、やがてその逆となり、以後これを繰り返す。ところが、二つの単振り子が逆方向に揺れる場合と同一方向に揺れる場合には、振動のようすは時間が経過しても変わらない。このような振動が基準振動で、この振動の仕方を基準振動のモードという。複振り子に限らず、n個の調和振動子の間に相互作用が存在するときには、n個のモードの基準振動が生ずる。そして一般の振動は基準振動の重ね合わせとみなすことができる。[飼沼芳郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の基準振動の言及

【振動】より

…この場合,個々の振子の振動は簡単に(3)の形の式で表され,二つの振子の振動数も等しくなる(ただし,同じ向きの場合と逆の向きの場合とでは振動数が違う)。この振動を基準振動という。一般の場合にはこの二つの基準振動が重なり合って複雑な振動が起きるが,基準振動の考え方を用いるとその複雑な振動を明快に説明できる。…

※「基準振動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

基準振動の関連キーワード和の法則(アイソトポマー)分子スペクトル規準振動格子振動基本振動単振動縮退形式両端

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android