コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基礎利益 キソリエキ

デジタル大辞泉の解説

きそ‐りえき【基礎利益】

生命保険会社が本業で得た利益を示す指標。一般の会社の営業利益に近い。保険料等収入・利息及び配当金等収入などの収入から、保険金等支払金や事業費などの費用を差し引いて算出。基礎利益に、有価証券の売却損益や、臨時損益を加減すると経常利益になる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

保険基礎用語集の解説

基礎利益

生命保険会社のフローの収益力(保険本業の期間収益)を示す指標の一つを指します。経常利益から有価証券売却損益などのキャピタル損益や健全性維持のために必要な償却、引当などの臨時損益を差し引いて算出します。この基礎利益は、損益計算書に項目がないため生命保険会社では、ディスクロージャー誌(保険業法で定められた業務及び財産の状況に関する説明書類)において項目を設け開示しています。ディクスロージャーの一環として、平成12年度決算から公表しています。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

基礎利益の関連情報